指圧で日本を変える
気療で世界を変える

温めると何故治りが早いのか?

あばら骨にヒビが入った方はわかると思いますが、笑ったり咳をしたりしただけで痛いものですよね?

この場合もヒビ程度ですので特に固定するような事はありませんでした。

またしてもお風呂で温め温湿布をして寝ました。お風呂から上がった時点で痛みが半分になっていました。

さすがに疑い深い私でも捻挫や打撲、不全骨折(ヒビ)等はお医者さんに診てもらった上で、特に治療する必要がなければ温めるのが効果的である事がわかりました。

一般的に長い期間冷やし続けてしまいがちですが、受傷直後であれば30程度の冷却は効果的ですが、その後の冷やし続ける行為は回復を遅らせると思います。

この現象を私なりに解釈しています。

受傷直後は冷す事で血流を抑え腫れる事を最大限防ぎます。しかしその後も冷やし続けると血流を抑えると共に細胞の活動を妨げしまうのではないかと思います。

細胞の活動を活発にするにはやはり温めるのが効果的だと思います。

同時に細胞の活動で出た気の老廃物である邪気(疲れ)を排出させる効果もあります。邪気が大量に患部に残ってしまうと細胞の働きが明らかに悪くなってしまいます。

患部を温める事で痛み感覚(邪気)が抜けるのと共に細胞の活動が活発になる事で再生が促される訳です。

お医者さんに診断してもらった上で特にその後の治療を必要としない場合に是非オススメ致します。

私達の患者さんにもスポーツをされている方も多く次の試合迄にどうしても治したい方にはこの方法を試してもらっています。

初めはびっくりされますが、確実に効果が出ますのでとても喜ばれています。

2018年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

■カテゴリー

■月間アーカイブ
2021年11月 (1)
2021年10月 (1)
2021年9月 (1)
2021年8月 (1)
2021年7月 (2)
2021年6月 (1)
2021年5月 (2)
2021年4月 (2)
2021年3月 (1)
2021年2月 (1)
2021年1月 (2)
2020年12月 (2)
2020年11月 (1)
2020年10月 (2)
2020年9月 (2)
2020年8月 (2)
2020年7月 (2)
2020年6月 (3)
2020年3月 (4)
2020年2月 (4)
2020年1月 (3)
2019年12月 (10)
2019年8月 (9)
2019年7月 (6)
2018年6月 (1)
2018年5月 (7)
2018年4月 (19)
2018年3月 (27)
2018年2月 (28)
2018年1月 (29)
2017年11月 (3)

■最新記事
乾燥に適した食物
シュウメイギク
アケビ
ブドウ🍇
猛暑☀️
梅雨☔
立体的折り紙
ブルーインパルス
シバザクラ
桜🌸