指圧で日本を変える
気療で世界を変える

ツボの性質

あくまで私の感覚ですがツボには川の流れような本流と支流があるようです。本流は東洋医学で言うところの経絡であり支流はツボにあたると考えています。

支流であるツボから気を取り込み体内で消費された気のエネルギーが老廃物(邪気)となり排出されていると思われます。

その邪気を私は冷たいと感じているのだと思います。

ツボはやはり支流のような役割ですのであくまで表面的な部分に邪気(疲れ)が溜まっています。

支流の部分にだけ邪気(疲れ)が溜まっている方は1〜2回でその邪気を取り去る事が出来ます。ですので症状としては軽いと言えます。

問題は本流に溜まった疲れにあります。

ツボを指圧した際にツボの底のようなものを感じ取る事が出来ます。そのツボの底の先に本流があると思われます。

症状の酷い方の場合にはこの本流に邪気の大きな塊のような感覚を捉える事が出来ます。

そうした場合はまず支流の邪気を取り去り本流との流れを作り出す事が重要になります。すると数日経つにつれ本流の邪気の塊から少しづつ支流に流れ込むようになります。

この間は症状や痛みサインとして感じる事は出来ません。1回の治療で治ったのでは?と勘違いしてしまう程です。

支流へ流れ込んだ邪気がいっぱいになり皮膚の表面まで達した時に初めて痛みとして感じます。コップの水がいっぱいになり溢れる出る様なイメージです。

治療をする際はこの本流に溜まった疲れがどの位の時間をかけて上がって来るのかを予想しなければなりません。

何故なら支流に大量の邪気が溜まっていればそれだけ効率の良い治療が出来るからです。逆に言えば本流に溜まった邪気は取る事は出来ますが物凄く効率が悪いのです。

ですので患者様のその時のお身体の状態に合わせて2〜7日間程空けて治療を行っております。そうする事で効率良く最短の回数と日数で完治させる事が出来るという訳です。

ツボの性質についての私の見解でした。