[ 院長よりご挨拶 ]

一日でも早く、より少ない治療回数で完治を。

当接骨院では「一日でも早く、より少ない治療回数での完治」を目標としております。
治らないと諦めていた方、様々な症状を抱えた方には、当院が終着駅になって頂けると自負しております。
病気の本質は疲れ(東洋医学で言われる邪気)、気の滞りによるものです。
気の滞りにアプローチしなければ病気の完治、回復は望めません。
私達は病気の本質である気の滞りに徹底的にアプローチを行います。
その結果、患者さま自身が持つ自己回復力が最大限に発揮され本来あるべき状態(健康)に導く事ができます。
私達が持つ疲れを感知判別する能力を生かし、疲れの量を測る事で治療回数をお伝えする事が出来ますので、安心してご来院ください。私達が責任を持って治療致します。

  • 当院で治療回復が見込める症状例はこちら
  • 症状別の回数例はこちら
院長 石島 直樹1970年生。山形県山形市、在住。高校時代はレスリング部に所属。空手、キックボクシング、合気道などの武道等も習う。プロのミュージシャンを目指し20歳の時に上京、24歳で渡米。
27歳でうつを患い、30歳の時に帰郷。工務店を営む父のもとで仕事を手伝いながら自分の道を模索。
恩師である神沢瑞至(ただし)が出演したTV番組の実験で野生の動物を気の力で眠らせる映像に衝撃を受け、気療塾学院(東京)に入学。平行して東洋医学研究学院(山形)にも入学。
中国式推拿師の資格を取得し山形市内の温泉施設の中国式マサージ店で働く。
働き始めて半年後に手のひらに冷たい、痛み等の感覚を感じ取れるようになり、疲れから起こるほとんどの症状(東洋医学では邪気と言われる)を回復させる事が出来るようになる。
同時に気療を用いボランティアで80人の方々に治療を行う。
諸病の原因(病気の本質)には疲れ(邪気)と気の流れが滞る事により起こるという現象に数々の症例から確信に至り、その後石島式指圧を確立する。2005年「石島気療塾」を開塾する。
気療と石島式指圧を用い数々の難病を回復させる。2014年 気療普及の為「赤門鍼灸柔整専門学校」に入学し2017年に柔道整復師の国家資格を取得。同年7月に「石島気療接骨院」として新たに開業する。
主任 中川 涼太1995年生。岐阜県下呂市出身。小学生の頃から体を動かす事が大好きで水泳、ソフトテニス、陸上(800m)、空手など多くのスポーツを習う。
特に空手は中学3年生でスーパーファイティング全日本空手道選手権大会で3位に入賞。高校では3年間バンド活動を行いボーカルを担当しライブ活動を行う。
幼い頃からよく家族にマッサージを行っていて、笑顔で「ありがとう」と言われる事に喜びを感じ、もっと多くの人たちを笑顔にさせたいと強く思い、指圧の道に進む事を決意する。
仙台の赤門鍼灸柔整専門学校に入学し、あん摩マッサージ指圧師と鍼灸師の国家資格を取得する。
在学中に石島院長と出会い、気の力で人を治せる事に衝撃を受け石島気療接骨院の一員となる。
    伊藤 圭祐1987年生。山形県寒河江市出身。球技が好きで、小、中、高と野球部に所属。
    怪我や身体の不調に悩まされる時期が長く、この頃から周囲をサポートする事にも興味を持ち始める。
    大学で栄養学を学びスポーツ栄養の道を志した時期もあったが、統合的に身体をサポートする「ボディートーク」と出会い、これがきっかけとなり、異業種からの転職を機に石島院長と出会う。
    現在、山形市内のスポーツジム、ラヴィータ内にあるサロン「プルメリア」にてリラクゼーションメニューを担当。
    菊池 浩輝1997年生。岩手県遠野市出身。中学2年時に祖母が悪性リンパ腫を患い、治療のための薬剤で体が痩せ細り、生気を失っていく様子を見て現在の西洋医学の在り方に疑問を抱く。
    高校3年時に東洋医学に触れる機会があり、体に負担をかけず疾病を未然に防ぐという考えに共感し、赤門鍼灸柔整専門学校に入学。
    在学中、石島院長と出会い、疲れを的確に感知判別し、指圧と気療で患者を治す石島式指圧に強い感銘を受け、石島気療接骨院の一員になる。