指圧で日本を変える
気療で世界を変える

冷たい感覚

私の手のひらに感じる冷たい感覚はいったい何なのか?

散々考えた挙げ句ようやく私なりの答えにたどり着きました。

東洋医学でいわれる『邪気』。簡単に言いますと解剖学、生理学的には存在しない疲れであるという事です。

冷たく感じる場所は東洋医学でいうツボに集中しておりました。その時初めてなんとなく見ていたツボの絵の意味がハッキリ分かりました。

改めてそのツボの絵の凄さに気付けた訳です。

全身にツボの数が360以上あると言われています。確かに360以上あるのです。実際はその2倍はあると思われます。それとツボ以外の筋肉や腱、特に付着部に溜まりやすい事が分かりました。

ツボの絵の凄さを実感し昔の人は身体の本質を知っていたんだなぁと感心させられました。

残念ながらこれだけ凄いツボの絵がありながら、当時の私は『ツボって健康になる為のスイッチみたいなものなのかなぁ』と深く考える事もありませんでした。

何を言いたいのかと言いますと昔の人は凄かったという事です。これだけ体系化され正確で普遍的なものをよく作りあげる事が出来たなぁと。

次回はツボの性質について書いていきたいと思います。

第六感マッサージの結果は?

第六感マッサージを半年間程続けていたある日、親指に冷たいものを感じる様になりました。最初のうちは『これは何なんだろう?』と良く理解出来ないでおりました。

しかし日が経つにつれこの冷たい感覚が身体の悪いものだったらと考え始めました。

とりあえず冷たく感じ場所を押してみる事にしました。すると身体の奥の方から冷たい空気みたいなものが上がって来るのが分かりました。

とても不思議な感覚でした。

この冷たい場所を冷たくなくなるまで押し続けたらどうなるのだろう?との考えが浮かびしつこく押してみる事にしました。

1ヶ所を何回も押すという考えは学校でも習っていませんし一般的な考え方ではありませんでした。

とにかく冷たくなくなるまで1ヶ所を50回位押し続けました。するとようやく冷たい感覚がなくなりました。

そこでお客様に聞いてみたところ『押した場所の痛みはなくなった』との事でした。

その時から冷たい感覚が何か悪いもので痛みや症状と関係するものではないかと考え始めました。

その後色々調べてみましたが同じような内容のものが見つかりませんでした。しょうがないので冷たい感覚だけを頼りに押し続ける事にしたところ、冷たい感覚がなくなると共に痛みや症状がなくなるという現実にたどり着きました。

第六感マッサージが功をそうしたのかは分かりませんが、とりあえずは冷たい感覚というものを手にする事が出来た訳です。

その後の私はこの冷たい感覚が何なのかと考える日々を送る事になります。

次回はこの『冷たい感覚』の私なりの答えを書いていきたいと思います。

私が疲れ感知判別出来るようになった訳

今から14年前の事になります。スーパー銭湯の中にあるブースでマッサージをしておりました。

働き始めた頃にお客様からよくこのような質問を頂きました。『左右どちらの肩が凝ってますか?』というものです。その当時働き始めた事もありその質問には自信を持って答えられずにいました。

それで色々なマッサージ師の方に聞いて回る事にしました。

『左右の肩の凝りの違いって分かりますか?』

この質問に帰って来た答え全て同じものでした。『硬くなってる方が凝ってる』

触ってみると分かりますが皆さんお一人お一人身体そのものの固さが違います。ですので左右の肩の硬さを何処を目安に合わせればいいのか私の中では曖昧で納得行くものではありませんでした。

『硬いから凝っている』

本当にそうなのだろうか?

この疑問から私は物質的な硬さという概念を捨てました。私達が持つ五感では本当の答えにはたどり着けないのではないかと。

とにかく自信を持ってお客様にお答えしたかったのです。答えを持っていない私は曖昧に逃げるしか方法がなく、それがとても恥ずかしく嫌でした。

そして考え出したのが第六感マッサージでした。

第六感マッサージというと何か仰々しく思われる方もいらっしゃると思いますが、簡単に言えば『何も考えずに押す』という事です。

押したいところを押したくなくなるまで押す。今まで習ってきたツボの位置も一切無視します。

その当時の私は『人類の眠っているであろう六感を呼び覚ます』という何の根拠もない自分勝手な論理で身体の本質に迫ろうとしておりました。

次回この続きを書いていきたいと思います。

その当時の私はどうかしていたんでしょうかねぇ〜。

疲れとの付き合い方

私の手のひらには身体に溜まった疲れを感じる取る能力があります。どのように感じるかと言いますと冷たい感覚と痛み感覚で感じ、その冷たさや痛みの質や量で判別しています。

その事から疲れと健康の関係性がハッキリと見えて来ました。

健康な方は当然ですが疲れはほとんど溜まっておりません。しかし痛みがある方のその部位には必ず疲れが溜まり込んでいます。

肩凝りの方にはやはり肩に疲れが溜まっております。

そして厄介なのが疲れはある程度の量が溜まらないと脳が痛みとして認識出来ないという事です。私の感覚ですが40%位の疲れからようやく脳が痛みとして認識します。

ですので35%位の疲れでは脳は痛みとして認識する事が出来ません。痛みが出た時点で疲れは40%を越えているという事になります。

コップの水が溢れるように急に痛みを感じ始めます。この痛みを初めて感じた時に対処するのが健康に過ごせる最大のポイントになります。

方法としまして具体的には無理をしないで休むという事です。簡単な事ですがこの方法が1番効率的です。

人の身体は寝ている時に疲れを排出するように出来ていますので、いつもより睡眠を多めに取る事で40%の疲れのラインを簡単に下げる事が出来ます。

痛みが出た時点で身体からの黄色信号と思って下さい。

疲れが溜まり痛みが続いてしまうと、ご自身の努力で40%以下のラインまで下げるのに相当の時間がかかってしまいます。

痛みが出たら早めの対処をオススメ致します。

身体からの痛みのサインを見逃さずに健康で快適な生活を送りましょう。

疲れと痛みの関係

皆さん痛みの原因は何だと思われますか?

筋肉の炎症、筋肉や腱の微細な損傷、老廃物の蓄積等、と一般的には言われております。

これまで様々な症状を治療してきましたが、そのほとんどがツボに溜まった『疲れ』である事が分かりました。

腱鞘炎を例にご説明致します。

腱鞘炎は文字通り腱の炎症から来るものと思われがちですが実際は違います。腱鞘炎もやはりその原因は腱と関節に溜まった疲れによるものです。

何故炎症していないかと言いますと、私共は腱鞘炎を指圧で治すからです。炎症した部分を指圧するという事は更に炎症を悪化させてしまうのではないかと思われますが…

実際は指圧だけで治ります。という事は炎症は起きてないという事になります。

私も最初の頃は炎症してるのでは?と思い恐る恐る治療しておりましたが、何度治療しても疲れを取り去る事で治って行く現実がありました。

それからというもの安心して指圧する事が出来るようになりました。

必ずしも痛みイコール炎症ではないという事です。

次回は痛みの原因となる疲れとの付き合い方を書いてみたいと思います。

ギックリ腰の対処方

ギックリ腰になられた方はやはり楽な体勢で安静にして頂く事が1番の近道です。ですが酷いギックリ腰の場合は少し動かしただけでも痛いですので、このような方は市販の痛み止めのお薬をオススメします。

痛みがあっても動ける方は受診して頂いてお医者さんから痛み止めをもらって下さい。やはり市販のお薬よりは効き目が違いますので。

痛み止めを飲むと痛みの半分は軽減されます。かなり違いますよね?その上で安静に努めて下さい。

少し動ける方は20〜30分程度の半身浴をして下さい。その後ゆっくりストレッチを行います。特に痛む方向へ行って下さい。

この際反応等はつけずに痛気持ち良い位のゆったりとしたストレッチをオススメします。痛みが徐々に抜けて稼働域が上がって来るのが分かると思います。

トイレ等への移動の際は市販の腰ベルトで腹圧を高めて頂くと比較的楽に移動出来ます。
結局ギックリ腰の痛みの元は邪気(疲れ)ですので、いかに邪気を排出させる事が出来るかがポイントになります。

ですので身体を温めて十分な睡眠を取る事で回復のスピードは格段に違ってきます。

ギックリ腰になってしまった場合は是非お試し下さい。

雪かきお疲れさまです

このところ降り積もった雪で皆さんご苦労されている事と思います。やはり雪かきは大変ですよね?私達もこの雪に悪戦苦闘しております。

そしてこの時期に多い症状がギックリ腰です。経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も20代の頃は1年に1〜2回はギックリ腰で悩まされていました。その度にレントゲンを撮ってもらったのですが、骨には異常なしでした。それが不思議だったのですが…

後に解る事なのですがギックリ腰になる方には共通しているものがあるという事です。

結論から言いますと極度の疲れが腰に溜まっているという事です。ですので疲れが溜まっていない方はギックリ腰になる事はありません。

ギックリ腰は基本的に3〜7日位で自然と治ります。寝ていれば勝手に治ってしまいます。ですので心配はいりません。

ですがお仕事等で休めない方にとってはこの3〜7日間はかなりお辛い状態が続いてしまいます。

私共の治療ではギックリ腰は1回で治す事が出来ます。腰に溜まった疲れを指圧する事で簡単に治ります。それも1点から3点のツボを押すだけです。

疲れはツボに溜まります。このツボを的確に指圧する事で治ってしまいます。解剖学的に考えるとそんな事は有り得ませんが、症状とツボに溜まった疲れの関係を診られるようになると不思議ではなくなります。

次回はギックリ腰になってしまった時の対処方やギックリ腰にならない為の方法等を書いていきたいと思います。

癒しの原点

2017-11-14

石島気療接骨院
気の力による健康回復、健康増進

[癒しの原点]

気療は生命の根源の中にあり「生命力」(自己治癒力)を高めて病気に打ち勝ち病気にならない身体になる。

現代人は過剰なストレスを常に受けて生きています。働き過ぎによる身体的ストレス、ますます複雑化する人間関係による精神的ストレス、日々のこうしたストレスの積み重ねが、さまざまな病気を招くのです。

本来人間の身体(脳を始めとするあらゆる臓器)は常に良い状態(健康)を保とうと活動しています。しかし、過剰なストレス(身体的、精神的)がこれを妨げるのです。そしてさまざまな病気や慢性的な頭痛、肩こり、腰痛、胃痛、下痢、便秘、身体がだるい、やる気が出ない等の症状となって現れるのです。

軽い症状なら2・3日も休養を取れば回復しますが、現代の私達は自分の身体の調子に合わせて休養を取る等という事はなかなか難しいのが現状です。そうした身体からのサイン(症状)を無視して過ごしていくと、何日休んでも回復しないといった事になります。

これがさまざまな病気を招く悪循環となるのです。一旦この悪循環に入ると、なかなか回復しないばかりか症状が進行し、日々の生活にも支障が出るようになってきます。

気療(気の力)はこの悪循環を一気に良い循環に変える力を持っています。人間誰でもが持っている「生命力」(自己治癒力)を気の力(刺激)で呼び起こす事で、この悪循環から抜け出すのです。自己治癒力を働かせ高める事が、健康回復への一番の近道です。

これからの人生を健康で幸せに暮らす事は誰でもが望む事でしょう。気療(気の力)はまさに癒しの原点であり健康へと導く力を持っているのです。

○気の力は自然治癒力である
これは「生きる脳」を活性化して、身体全体を活性化する。

○気の力は鎮痛効果がある
これは多くの気療体験によって立証されている。

○気の力は益あって害なし
これは自然エネルギーなので、害はない。ただし好転反応が
起きた時に誤解を招く事がある。

○気の力は再発を予防する
これは気の力によって癒えた病は、再発しにくいという事が
体験的に立証されている。神経が正常な状態を記憶している
ことによるのではないかと推測される。

○気の力は本来の健康状態に導く
これは脳と神経が正しい健康状態を記憶している事による。

○気の力は身体全体の神経をクリーニングする
これは気の力が身体全体の神経を刺激して歪みを矯正するため。

○気の力は治癒期間を短縮する
これは癒しを早める。

○気の力は健康と長寿と美容によい
これは脳の活性化により、健康的で長生きできる身体になる
ホルモンバランスも良くなるので、美容にも効く。

○諸病は脳に原因あり
これは脳が身体全体を管理コントロールしているので、脳の活性
化は自然治癒力を高め、脳を含めて身体全体を健康にする。
逆に言えば、身体の苦痛は脳の苦痛である。

当接骨院で治療回復が見込める症状例

[当院で治療回復が見込める症状例]

慢性の肩こり・腰痛・椎間板ヘルニア(手術が必要な方も対象となります)・ギックリ腰・坐骨神経痛・頚椎ヘルニア(手術が必要な方も対象となります)・頸椎症・ストレートネック・背中の痛み・睡眠障害・寝違え・眼精疲労・メニエール病・耳鳴り・蓄膿症・五十肩・膝痛(正座ができない方等も対象となります)・手足の痺れ・手足のむくみ・こむら返り・足底部痛・股関節痛・(手術が必要な方も対象となります)・骨盤矯正・生理痛・冷え性・便秘・下痢・偏頭痛・倦怠感・うつ病・三叉神経痛・ムチウチ症・腱鞘炎・不定愁訴・喘息・胃部膨満感・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・脳梗塞後の可動域制限

[スポーツ障害]
シンスプリント・野球肘・野球肩・テニス肘・ランナー膝(腸脛靭帯炎)・ジャンプ膝・オスグッド・アキレス腱炎・ジャンパー

[コンディショニング]
練習による疲れ、疲労度を測る事により試合までの練習メニューのアドバイス等も行います。

症状別の回数例

▼慢性肩こり
初 ・常に肩が凝ってる状態
4~6回
中 ・常に肩が凝っていて痛みがある状態
・週2~3日の頭痛
7~10回
高 ・常に肩が凝っていて首の稼稼働域が狭くなっている
・頭痛 ほぼ毎日
・めまい
・耳鳴り
・吐き気
・睡眠障害
・鬱っぽくなる
10~13回

▼慢性腰痛
初 ・常に重い感じがする
・時々痛みがある
4~6回
中 ・常に痛みがあり前かがみなどの姿勢で痛みが増強
・特に朝が痛む
7~10回
高 ・常に痛みがありかく角度により激痛がある
・生活に支障をきたす
・腰痛とは関係ないが足のシビレが伴う事がある
・医者の診断では椎間板ヘルニア、狭窄症、坐骨神経痛と判断されるが実際は神経性の痛みではない
・神経性の場合少し動かしただけでも電気が走る様な痛みがある
10~15回

▼膝痛
初 ・階段等の負荷がかかると痛む
・痛み出して1ヶ月位
片足だけで1~2回
中 ・通常歩行で痛む
・慢性の状態
・若干の稼働域制限あり
片足だけで2~4回
高 ・痛みの為正座が出来ない
・1~5年以上正座が出来ない
・関節が変形している場合には痛みを取ることができ、稼働域は増えるが正座までは出来ない
・明らかな変形がなくても症状から変形性、軟骨のすり減りと診断される
片足だけで4~6回

▼ぎっくり腰
・ぎっくり腰自体は1~2回で治るが、中程度の慢性の腰痛が下地にあり、
ぎっくり腰予防の為には中程度から初程度まで疲れを取る事が必要

▼坐骨神経痛
・お尻回りにシビレ
片側3~5回

▼メニエール病
・慢性の肩こり高とほぼ同じ症状
・寝ていてもめまいがする
・起き上がれない
・吐き気
10回前後

▼便秘症
初 ・2~3日に1回程度の排便の方
1~2回
中 ・4~5日に1回程度の排便の方
3~5回
高 ・1週間以上排便がない方
6~10回

▼冷え性
・お腹が原因の場合
1~3回

▼手や足に溜まった疲れが原因の場合
初 ・各指30分
中 ・各指1回
高 ・各指2回 シビレ、稼働域制限あり

▼バネ指
・各指 1~2回

▼腱鞘炎
初 ・動かすと痛い
1回
中 ・動かすとかなり痛い
2回
高 ・少し動かしても痛みがあり寝ている時も痛む
3回

▼五十肩
初 ・動かすと痛い 稼働域制限はほとんどない
1~3回
中 ・動かすと痛み稼働域制限が顕著
4~7回
高 ・痛みで動かせない
・寝ていても痛む
・稼働域制限が顕著
・肩~肘~指までに痛みが拡がっている
8~15回

▼浮腫
初 ・夕方になるとむくみ靴下のあとがつく
片側 1~2回
中 ・常にむくんだ状態
片側 3~4回
高 ・足の太さが変わる程むくんだ状態
片側 5~7回

▼寝違え
1回

▼むち打ち
1~2回

▼鬱っぽい
4~7回